HOME>オススメ情報>結婚の内祝いの贈り方や気をつけておく点とは

基本的な熨斗なマナーとは

結婚式

おめでたいことがありお祝いをいただいた際には、お返しとして内祝いを贈ることが一般的であり結婚祝いをいただいたら、結婚内祝いをすることがマナーと言えます。アイテム選びや金額、送る時期などあらゆるマナーに気をつけるは必要がありますが、その際に注意しておくべき点の一つとなるのが熨斗です。内祝いということもあり内熨斗にすることが多く、外熨斗と悩んだ際には内熨斗を選んでおきましょう。蝶結びは結び目が何度でも結び直せる事から出産など何度繰り返してもよいお祝い事の内祝いに適しており、結び切りやあわじ結びは結び目が簡単にほどけない事から、結婚など一度きりであってほしいお祝い事に適しています。結婚内祝いの場合には、熨斗の選択を間違えないように気をつけましょう。

品物選びのポイント

結婚式

結婚内祝いは近年では自由とも高まっていますが、アイテム選びには気をつけておく必要があります。まず注意しなくてはならないのが、現金はお返しには相応しくないという点ではないでしょうか。商品券も良い印象ではないので、アイテム選びで、悩んだ際には受け取った相手が好きなものを選べる楽しみがあるカタログギフト を選ぶのも一つの手段です。いただいた金額よりも高額なお返しにならないようにすることもポイントになってきます。

目上の人に贈る時には特に気をつける

指輪のプレゼント

近年では内祝いを贈る機会はそう頻繁にない人が多く、結婚内祝いが初めてな内祝いを贈るタイミングという人もいます。気持ちが大切ということは確かですが、贈る品物やタイミングは重要なポイントであり特に目上の人に贈る場合にはマナーに気を付けておくようにしましょう。内祝いの熨斗の水引の色は、縁起の良い紅白のものを使用しておくとマナー違反にもなりません。おめでたいことのお返しだからこそ、基本となるマナーはおさえておくべきです。

広告募集中